10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xsplitの設定

私なりの放送設定を乗せます。   ※にこ生の設定です
軽く設定の説明も混ぜますので参考程度に
AVAなどのFPS設定を主な設定がメインです。
まず私のPCスペックから

OS:windows7 32bit
CPU:I7 860
GPU:GTX460
Memory:4GB
回線:光回線


※PCの性能が同じでもプレイ環境 PC掃除の量 PCクーラーによって変わります。

Xsplitの設定に行きます。

フレームレート(FPS値)
この値が高いと映像がスムーズに動きます。
動きの少ないゲームや画像を流す放送だとこの数値は低くてもいいです。
副効果としてスペックが低いとカクカクになってしまったり映像が飛び飛びになってしまったり
画質が落ちるなどいい効果だけではありません!
ということでPCの性能とあった設定が必要になります。

たとえば、FPS60とします。

スペックがいい  (NO)→FPSを下げましょう。
 (Yes
   ↓ 
画質は落ちますが、すごくスムーズになります。

自分の設定は、18.50FPSです。
15FPSも試してみましたが、少しカクつくような気がします。

解像度
これはゲームや画像などの大きさに合わせます。
この数値が高いほど文字などがつぶれず綺麗に放送できますが
スペックが低いと重くなります。
後、大きすぎると文字が潰れることは無いですが
文字が霞んで逆に見えにくくなったりします。
これはバランスが大切なので自分の設定に合わせることを
お勧めします。

私の設定としては 1024x768 です。
ディスクトップ画面にあわせるのもいいと思います。

プリセット
エンコードの仕方です。
ultrafast (軽いが画質が汚い)
 ↑ 
 ↑
medium (良くも悪くも中間)
 ↑
 ↑
pracebo (重いが綺麗)

PC性能に一番干渉してきます。
なので無理に上げるより低い値からいじっていくのがbestです。

私は、fastにしてあります。

品質
0~10まであります。
0に近いほど画質は荒く 10に近いほど画質は綺麗になります。
この値をいじっても私的にPCが重くなったことは無いので
10にしてあります。

映像エンコード内での解像度
この値は始めに言った値と違って別の解像度です。
この数値はにこ動にあわせて512x384が望ましいです。
高いと霞んだようになり 低いと荒くなります。

ビットレート
にこ生の最低ビットレート数は384kbitなので
映像と音質を合わせたビットレート数で考えます。

私のお勧めとしては映像は300です

VBVバッファ

この値はよく分かりません
いろいろなサイトを回ってみて多くの意見があったのは
ビットレート数x2倍がいいらしいです。
なので私は300x2=600に設定をしています。

音声のエンコード
これですが私の場合音声より画質のほうを優先しているので
あまり気にしていません。
歌を歌ったり曲を流す場合は映像よりこちらを上げるのがいいです。

私の場合フォーマット44.100Khz
コーディク AAC LC
    ビットレート640000

これが一番良い設定と言うのはあると思いますが
PCの性能にあったのが一番いいと思います。
ここに書いてあるのをそのまま反映したとしてもスペックが足りずカクつくことや
PCが壊れる可能性だってありえなくは無いです。
又 私よりスペックが高いPCだと私よりもっと良い設定が出来ると思います。
画質を研究したりして楽しむのも面白いと思うので皆さんもお気に入りの設定を
探してみてはどうでしょうか?
では楽しい放送を!
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。